若葉家具

WAKABAKAGU Japan Premium

若葉のいえ

「家具から家」若葉のいえ

「家具を通じて暮らしに寄り添う住空間を提供する」が若葉家具の想いとし、家具づくりを心掛けてきました。
その「家具+家」づくりを実践した住空間が出来上がりました。
「家具から家」を・・・それは間取りに合わせ、住まいにとけこむ収納家具やそれに寄り添う生活家具。
それらはデザインと機能性、素材感と耐久性の具わった暮らしの道具として、心地良い住まいの空間を演出しています。

インテリア家具製作:若葉家具
家具デザイン・監修:小泉誠(Koizumi Studio)
建築設計・施工  :コアハウス

ダイニング

窓枠とダイニングテーブルを一体感のあるデザインに。まさに建築と家具の融合したダイニングスペースが出来上がりました。テーブルはスライドさせることで、人数に対応し有効活用出来るようになっています。

畳コーナー(リビング)

リビングを畳コーナーにすることでその場に腰掛けたり、横になったりと寛げる空間となっています。ローソファに座るとよりまったりと・・・
その畳コーナー(リビング)とダイニングのスペースを収納家具で間接的に仕切ることで、それぞれのプライバシーを保つ事が出来、それぞれの空間が心地よく感じます。

キッチン

キッチンの扉とその周辺の収納家具を統一デザインにすることで、機能とデザインと素材の整ったキッチンスペースが出来上がりました。

収納スペース

キッチンとダイニング、リビングとダイニングをそれぞれ仕切った収納。その周辺(壁面)にも収納家具を造ることで、お部屋のスペースを有効活用出来ます。デザイン性も整っているため、圧迫感を感じさせない空間が出来上がりました。

寝室収納

寝室のクローゼットは府中家具の伝統である箪笥を壁面にビルトインしました。内装はもちろん桐で仕上げ、収納力も保存性もしっかりしたクローゼットです。押入れの扉も同じデザインと素材で統一感を出しています。

階段

階段のデザインも小泉誠さんによるもので、階段の袖パネルも1枚の無垢材を使っています。木と鉄の融合したモダンで空間に馴染むデザインとなっています。

吹き抜け

畳コーナーと階段の上部は吹き抜けになっていて、開放感のある空間となっています。2階から望む1階の空間も一体感をあじわえるものとなっています。

玄関収納

玄関は壁付の手摺りと普段履きの靴を収納するスペース件、ベンチがスッキリと収まっています。
素材はアッシュの無垢材でしっかりと造り込んでいます。

家具ディテール

家具の取手や壁掛けも小泉誠さんデザイン。
ベッドルームのヘッドボードは壁付タイプで、小物を置けるような可動棚が付いています。
収納と建具(扉)もデザイン統一させていて、取手のデザインにもこだわっています。
キッチンの棚はアルミの取手を採用しました。

Subscribe / Share