若葉家具

WAKABAKAGU Japan Premium

, …

~教室模様~

こんにちは。

10月といえばハロウィン。店内もすこ~しだけハロウィンの雰囲気をだしてみました。(ほんの少しですが・・・)
キッズスペースにはかぼちゃの画用紙を用意しているので、お子様達に自由にハロウィンカボチャを書いてもらっています。よくみかけるハロウィンカボチャだけでなく、想像力豊かな変わったカボチャまで、子供さんの自由な絵にスタッフも楽しませてもらっています。
店内をゆっくり見られている間に、お子さん達はご自由にお絵描きを楽しんでくださいね。

10月8日(土)にはパステル教室、10月15日(土)にはちぎり絵教室が行われました。実は、パソコンの不具合でなかなか教室模様をアップすることが出来ず・・・失礼しました(汗)
まだ復旧していないので、申し訳ありませんが写真なしで教室模様をお伝えしますね。

まず、10月8日(土)は、鞆の浦であやいろお絵描き教室を主宰されている武田彩子さんを講師にお迎えしてパステル教室を開催しました。
今回はハロウィンのかぼちゃを描きましたよ。
最初に指使いの練習で、お好きな色のパステルを削って指でくるくるのばしていきます。パステルの淡い色合いは見ていても本当にほんわか心癒されますね。
もうそれだけで立派なアート作品が出来上がりました。
本番のハロウィンカボチャも色の重ね方、ぼかし方のコツを教えてもらいながら、とっても素敵な作品が仕上がりました。
写真をお見せできなくて残念です。また復旧したらのせますね。
次回は、来年1月に冬らしい絵柄の雪うさぎを描きます。また詳細が決まりましたらご報告しますね。

そして10月15日(土)は府中市のatelierいとなみを主宰されている篠原佳恵さんを講師にお迎えして新聞紙を使ったちぎり絵教室を開催しました。
テーマは秋。先生が秋の風景、コスモス、ハロウィンカボチャなど、何種類か秋がテーマの作品サンプルをお持ち下さったので、皆さんそれを参考に思い思いの秋模様に挑戦されました。
色のついた広告部分の新聞紙のお好きな箇所を、筆に水をつけてちぎっていきます。
思い通りの形にちぎるのがちょっと難しそうでしたが、皆さん素敵な色合いを探しながらそれぞれの感性で秋を表現されていました。
これが本当に新聞紙?というくらい、色合いが素敵なのです。新聞紙を使うことにこだわられていたのが納得できました!
皆さんの大作の写真をお見せできないのが残念ですが、またこちらも復旧したらのせますね。
とっても素敵な秋模様が完成しました!是非お家に飾ってくださいね。

講師の武田さん、篠原さん、参加して下さった皆様、ありがとうございました。

次回ワークショップは、10月29日(土) アーティフィシャルフラワー教室~秋冬を彩るキャンドルホルダー~を予定しております。
こちらは午前の部は満席、午後の部は若干名空きがございます。
どうぞお気軽にお問合せくださいね。

Subscribe / Share