若葉家具

WAKABAKAGU Japan Premium

, …

府中家具?

先日、中小企業基盤整備機構の主催で「学生と考える新・経営塾」という研修に参加した時のことです。この研修の内容は学生と企業が一緒にモノと売りの仕組みづくりを考えるもので、要は企業のモノと売りについて学生たちがいろいろな意見や発想を出し、ビジネスプランを作っていくというものです。こうした企業と学生が取組む研修というのは初めての試みだそうです。
その第一回目のテーマ「産地」で府中家具の紹介をして、その後のデスカッシュン(グループワーク)の中で、学生たちに「府中家具って知ってた?」と聞いたところそのグループ内の学生たちはみんな「知らなかった。そんな良い家具があるんですね。」という話です。その学生たちは広島の修道大学の学生で、広島の出身です。これはいかんと思い、今回研修もあることだし、一回府中へ来て、家具を見てほしいとお願いしたところ、そのうちの3名が府中へ来てくれました。
弊社若葉家具のショールームと今回研修で取組まれる高橋工芸さんの工場・ショールーム、松創さんのショールームをそれぞれ見てもらい、説明しました。3名とも実際に家具を見て、説明を聞くと「家具でも近くで見る普通の家具とはぜんぜん違います。」「触ってみると良くわかります。」「家具って奥が深いんですね」「良い家具の訳がわかりました」などの意見が出ました。このことは地元中国新聞にも取り上げて頂きました。(あくまでも企業と学生の研修という意味ですが)
今回感じたことは、最近家具も海外商品を含め、格安のものが多く、なかなか高額の家具は売りづらいという傾向があります。ですがやはり府中家具に限らず、良い家具をほしい人は沢山いて、弊社でも県外の方が数多く来られます。ただそれを見る機会が少なかったり、違いを説明出来てなかったりするのではないでしょうか。
私たちの使命としては今一度家具の良さ、違いをしっかりと伝えていく必要があると改めて感じました。そんな思いのもと、これからも頑張っていこうと思います。
今回の研修に参加できたこと、いろいろな意見を下さった学生の方ありがとうございました。(PSまだ研修は続いてますが、引き続き頑張って下さい)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Subscribe / Share